投稿

2010の投稿を表示しています

PSTNマイグレーション

とうとう、NTT東西がPSTNのマイグレーションに関する概括的展望を発表しました。
これで、我が家も強制的に光に切り替えられる?とか思いましたが、マイグレーション対象の中心はINSネット64およびINSネット1500のようですね。
資料を読んでも、アナログ回線についてやADSLについてはほとんど触れていないので、まだどうなるかわかりません。とりあえず、光にすると、速度アップするけどコストアップも確実なので、もうしばらく様子見ですね。
ただ、私の勤務している会社の拠点にはいまだ、ブロードバンドがADSLのみの拠点もありまして、しかもCATV提供エリアだったりするので、ここに書かれた2025年までに光提供エリアになるとは思えないのですが・・・
まぁ、アナログやISDN交換機の寿命もあるので、どうにかなるとは思うのですが、使い勝手がよく、ギャランティサービスのINSネット64がなくなると、バックアップ回線として利用するダイヤルアップ環境をどうするか心配ですね。
光提供エリアはNGNに移行すればいいだけですけど、未提供エリアだと提供時期によっては他の拠点との足並みがそろわないし、いろいろ考えないといけないので、提供開始時期だけでもはっきりさせてほしいものです。
やっと光の世界が現実のものになるんですね。

でね、今日まさにNW機器故障が起きて、電話に利用していたINSネット64回線で急きょダイヤルアップ環境を構築することで難を逃れたので、さらに微妙な気持ち。できればINSネット64は残してほしいなぁ~よく考えたら、これって交換機の話なんだよね。だからユーザ回線には関係ない話だけど、ISDNインタフェースは搭載しないからINSネットサービスが終了するってことかな?
クロスバ交換機からデジタル交換機へそして、今IP交換機に変わっていくのね~
その次は・・・量子交換機?

やっぱり触ってみないとわからないよなぁ~

iPadをきっかけに、タブレット市場も活発になってきました。
家のパソコンでは文字を打つことは、ブログの更新やアンケート入力程度、キーボードいらない。
もっと静かなパソコンがほしかった。
狙うはAndroidタブレットかなぁ~なんておもってたらONKYOがWindows7で発売らしいです。
いままで、Microsoftメインできたので、Androidは若干不安があるし、家計簿ひかるが動作しない。タブレット1台に絞ることはできない。
Windwosタブレットなら問題ない。写真や音楽はNASという選択肢もあるので安心だ。
ただ問題は、汎用OSだということ。どのくらい軽快な操作ができるのか?
これだけは、レビューは当てにできない。自分で触ってみないと・・・
近所の電気屋に展示があるか?
楽しみですね。

トラブル時の体制

トラブルが発生した時、原因究明や対策会議を開きたがる人がいるけど、あれってどうかと思う。そういう人に限って、いきなり「原因は何?回復は何時?」って聞いてくる。こっちが聞きたいよってね
状況把握すら満足に出来ていないメンバーで会議を開いても、妄想会議になるだけで、解決に向かうことはない。
まず、体制を整え、現場で動く人、状況を整理し打開策を検討する人をきめる。この時点では、出来るだけ早く行動を起すことが重要。
次に、現場組は直接的な原因調査、解決をはかる。検討組は影響範囲や状況把握、ユーザ対応、間接的な要因調査。現場組のサポートに徹する。
原因特定または改善策が見えた時点で、会議を開き、最適な解決方法の検討を行う。最適な解決方法とはその場しのぎではなく、今後の運用や再発防止対策も含めた手順を決める事がポイント。
方向性を決めた中で早期解消すれば、その後の対策についてもスムーズに行う事ができる。

どんなに早く解決しても、正しい方法でなかった場合、更なる修正がより難しくなる可能性がある。
最悪の方法を選ばないためにも対策前会議が重要だと思う。

SharePoint2010が面白い

SharePoint2007の時、ほしかった機能が充実してますが、不具合やあと一歩部分もたくさんあるのがSharePointの特徴でしょうか?
全体的にはいいんだけど、動作がモッサリ。
Office連携部分はInternetExplorerで基本操作はGoogle Chromeってのが快適な環境を用意してくれます。
パソコンのスペックが低いのか、ブラウザ何か問題を抱えているのかわからないけど、IEだと動作がすごくモッサリ。Chromeで同じ作業をするとストレスを感じない。
この辺のブラウザの差が出るのでしょうか?でもChromeだと使えない機能もいろいろあって・・・どっちもどっちって感じですね。
それにしても、SharePoint2010になって使いやすくなってますね。
ただ、個人サイトについて言えばもう少し頑張ってほしかった。
社員全員の更新を取得できる方法や利用しない機能OFFとかできればよいのに

IPv6の準備は?

最近IPv6というキーワードをあまり聞かなくなったのは、話題性がなくなってしまったというか、注目度が下がったせいでしょうか?
個人的には、非常に脅威に感じています。プロバイダなどは着実に対応を進めているようだし、嵐の前の静けさといった感じを受けます。
企業内LANが対応を迫られるのはいつのことなんでしょうかね?
とりあえず、クライアントや複合機はIPv6対応も時間の問題といった感じで、どの企業もリースやレンタルなので次のタイミングで対応機種に変更してしまえばいいですね。パソコンはOSの更新に合わせて買い替えれるし。
問題は、ルータやL3スイッチ。正直壊れません。処理能力に問題がある場合などは、アップグレードに合わせて対応させばよいですが、スペック的に問題ないコアスイッチが鎮座していると、コスト面でどうしようか悩みますね。アップグレードかリプレースか?どっちがお得だ?
正常に動くし、スペックも十分な場合、正直IPv6に対応するからといって投資するのもどうかと思います。といってもIPv6を導入するなら投資は絶対に必要なんだけど、モッタイナイよね~
タイミング良く調子が悪くなってくれると助かるけど、調子が悪くなるのも困るし・・・どうすりゃいんじゃ?ほんと困るわ~