絶望感・・・

 昨日からSharePoint Foundationの開発環境を構築しており、やっと構築が完了したぞ~って感じです。ハードはPowerEdge R710上に用意した仮想インスタンスのWidnows7です。別にサーバでもよかったけど、ライセンス的にクライアントOSにしてます。(4インスタンスまでライセンスに含まれる。)

開発ツールはもちろんSharePoint DesignerとVisual Studio。
なぜかDomino Designerも入ってるけど・・・

SharePoint Designerは日ごろよく使っているので問題なし。
CPUリソースは2つしか割り当ててないけど超快適。
社内向けサーバよりリソースが割り当てられているいい環境です。
あの超モッサリだったデザインビューがかなりスムーズに入力できるようになりました。とはいっても、最近いじってるフォームはデザイン画面で編集するとぐフォームが壊れてしまうので、コード画面で手入力ですけどね。

問題はVisual Studio 2010。

家ではExpress版を使っているので、ソフト自体は情報量が増えただけで何とかなる。ただ、SharePoint関連の画面を開いた瞬間昔味わった絶望感を味わうことになった。

そう、初めてSharePoint Designer2007を触ったときのあの、「触ったらだめだ」って感じ・・・。

へたに触ると壊すこと間違いなしって感じですね。
まぁ、やりたいことはワークフローである機能を付けるだけなので問題ないけど、なんでもできそうな分よくわからない所が多いなぁ~って感じですね。

ん~~でも、これを使いこなせればいろいろやりたいことが実現できるよなぁ~って思いますよ。使いこなせればの話だけどね・・・



コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

メールの整理

ガーデンライト買ったけど…