RS232Cよ永遠に・・・

ネットワーク技術者として必要なパソコン。何でもいいです。
現場で作業することがあるのでラップトップであれば・・・

あとはシリアルポート。

いわゆるRS232C。

これ、本当に必要です。
LANポートより重要です。

多くの企業向けのネットワーク機器は初期IPアドレスは設定なし。
DHCPクライアントの設定も入っていません。

ファイアウォールならDHCPが動いていたり、初期IPアドレスが設定されていたりしますけど、
ルータやスイッチ製品は全く設定が入っていない状態が多い。

だから、シリアルポートで設定を始めます。
最近のラップトップパソコンにはシリアルポートはついていません。
だから、USB接続のRS232Cポートは必須です。

 

これってめんどくさくない?って思われると思いますが、
どんなIPアドレスが設定されているかわからない機器をするときに楽なんですよ。
ドキュメント見ても初期設定しかわからないよ
現在のIPアドレスがわからないってことは、どうやって同じセグメントにパソコンを設定するの?
WireSharkでパケットキャプチャして調べますか?
自発的にパケットを出さない機器だったらどうします?

シリアルなら通信速度を9600bpsにすればほとんどの機器は応答があります。
応答なくても、いくつかの速度に切り替えればよい。
あとはコネクタを見ればケーブルがストレートかクロス、RJ45が分かるので3種類持ってればよい。
ね。楽でしょ?

まぁ、複雑な設定を行うときはブラウザのほうが楽ですけど、
設定が分からない時はまず、シリアルでコンソールポートにつなげてみる。
いち早く自分の制御下に置くってことが重要なんですね。



コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

メールの整理

ガーデンライト買ったけど…