Project Sienaで遊ぶ 第4回

これで終わり。という話でしたが、よく考えたら、なんでこうなってるか?って説明がなかったですね。

どこが?というと、Custom Galleryの中にText Galleryがあるってとこ。

Microsoft のサンプルでもこの表現はありません。
これは、Movable TypeのREST (Data API)のレスポンス仕様が原因です。

Data APIでEntriesのListを要求すると2行の応答があります。

totalResultsとitems。
totalResultsは記事の総数、そしてitemsは記事の配列です。


だから、一つ目のCustom Galleryはitemsの行を選択するため。
そのなかの記事を表示するためのText Galleryという2重になったんです。

私としても、entriesのitemsの中身を一つ目のGalleryで選択したかったのですが、うまくいかなくて・・・こういう形になりました。


さて、次の展開は10件以上の取得とカテゴリーごとの表示を検討しているのですが、クエリーパラメータを動的に指定してREST要求を出せないとダメっぽいです。これがね、わからなくて、うまくいかないんですよねぇ~


コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

メールの整理

ガーデンライト買ったけど…