ネットワークセキュリティーは戦わずして勝つ!!

最近ネットワークのお仕事やってないなぁ~なんて思ってしまって、愚痴っちゃおうかなぁ~なんて思いました。


一般的にインターネットと社内ネットワークや家庭内ネットワークの境界にはファイアウォールを設置するとセキュリティー面で安心という仮説があります。


ファイアウォールもUTMという部類で、攻撃検知やウイルス対策、URLフィルタリングなどの検疫技術を使って通信の内部も監視しよう!Palo Altoをはじめとする現代の(次世代)ファイアウォールではHTTP/HTTPS通信の中身を監視し、アプリケーションを認識して適切な通信規制を行うことで、よりセキュアな通信を可能とする製品が広がってきています。


でも、この辺の製品を使ったら安心だなんて思わない方がよいと思います。
攻撃者は利用可能な方法を活用して攻撃してくるわけで、どの企業においても、ほぼ例外なく許可するHTTP通信をつかって攻撃します。だから次世代ファイアウォールではHTTP通信に特化した制御を行おうとしているのです。


とはいえ、攻撃者はHTTP通信のなかでも許可された通信を使って攻撃をしようと頑張っていますので、最終的には信頼できる相手以外との通信は拒絶する必要があります。でも、インターネット上ではなりすましという技もありますので、本当に信頼できる相手なのかの確認をする必要があって、そのレベルまで行くと、信頼できる企業同士を専用線(または信頼できる閉域網)で接続する以外、方法がなかったりします。


ではそんな専用線通信しかしない企業に対し、攻撃者はどうするかといえば、社員になりすます。なりすますのが無理なら社員として堂々と潜入するのです。


このレベルで攻撃された場合、ネットワーク技術者として対抗する手段はありません。だって、相手は正社員であり、正規にアクセス権を保有する人間なので、不正アクセスではなく、業務上必要なアクセスということになります。


では、正規にアクセスすることができる社員に対し、いかに防御するか?というと、社員の行動を監視し、記録を取って、悪事を働いた際に犯人捜しをしやすい環境を作るということになります。


そりゃクリック操作などのアクションごとに画面を保存し、キー入力も記録、Webカメラ内蔵なら定期的に操作者の写真を保存。GPS付なら座標情報も、電話や会話もすべて録音。ありとあらゆる情報を取得し、保管するわけです。
プライバシーなんてありませんよ、業務すべてを監視する必要があるわけです。すかしっぺの回数や行った時間もすべて監視します。だって、すかしっぺでモールス信号やって情報漏えいを行う輩だっていないとは言い切れないでしょ?排泄物だって保管対象ですよ。カプセルに仕込んだ記憶媒体を排泄物に混入させ、下水処理場で待つ仲間に渡すことだって不可能ではない。


で、ありとあらゆる方法で社員を監視したとしても、監視システムを操作できる情報システム室の社員は故意に監視対象外にしたりすることができるので、彼らを監視する監視者が必要で、その監視者も必要、って無限に監視体制が必要です。



「絶対に安全」なんて絶対に不可能です。



じゃぁ、どうすればいいのよ!!と思うのですが、
簡単な方法は、盗む価値のある情報を保有しない。


これが一番ですね。すべての情報を公開し、価値をなくしてしまう。
公開されていれば、攻撃する必要がないし、防御する必要もない。
知りたければ公開されている情報を参照すればいいのです。


秘密がなければいいのです。



もしくは・・・・



秘密を保有していることを悟られない。


いかに攻撃対象にならないようにするか?
これこそ最大の防御ですね。




攻撃者の目的がセキュリティー対策費の増加だった場合、対策を行った時点で負けなんですよね。


攻撃者は目的を達成しているのですから。



コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

メールの整理

ガーデンライト買ったけど…