投稿

9月, 2014の投稿を表示しています

8dot3nameが無効!!

いい加減ね、8.3形式のファイル名じゃないと動かないソフトなんてゴミ箱にポイ!!ですよね。
と言いつつ、動かないと仕事にならないらしいので対応しましたよ。
これね、System Center 2012 Configuration Manager SP1のOS展開機能を使った時の問題なんですけど、Windows8用のADKから仕様が変わって8.3形式のファイル名が無効になってるんですよね。
だから、「Program Files」のショートネーム 「PROGRA^1」が保存されない。
8dot3name Short File Name settings not enabled via ADK Partition Disk step in SCCM OSD 2012 SP1
って事らしいので、このサイトに解決方法が書いてあったので、試してみたんですけどね。
始めはその他サイトでも提示されてたパーティションを作成した後に Formatで有効にしたんですけど、これ上手くいかないのです。たぶんwimを展開するときに無効化した状態で動作するっぽいです。
ということは、ブートイメージに含まれていないFSUTIL.EXEを入れないと・・・ってめんどくさいじゃん!!
もしかしたらOSイメージを展開したファイルを実行できないかなぁ~ できたら俺天才!!
って試してみたら、出来ましたよ!!
でもね、ここでハマるんですよ。タスクシーケンスに上のサイトのコマンドを入れるだけなんですけど、エラーになるんです。デバッグ用のコンソールでは動くので動かないはずはない。もしかして、何かの制限でダメなのか!!ってcmd.exe /cで試してみたりしたんですけど、うまくいかない。で、ログを読むんですけどね。SCCMのログってテキスト形式なんだけどnotepadで読めるような代物ではない!!という愚痴を言いながら該当コマンドあたりを見ると、return code 2とか正常終了した 0 じゃないんですよ。でも、そのコマンドを手打ちするとエラーもなく動くんですけどね。
ってことに半日気が付かず、タスクシーケンスはコマンドの戻り値が0を期待しているので、2とか返ってくりゃエラーになりますよね。
まぁ、無事問題は解決できたので、お行儀の悪いプログラムはきっと動くに違いない。

それにしても、今どき8.3形式なんて非推奨だし、いい加減治せよ~…