投稿

9月, 2010の投稿を表示しています

やっぱり触ってみないとわからないよなぁ~

iPadをきっかけに、タブレット市場も活発になってきました。
家のパソコンでは文字を打つことは、ブログの更新やアンケート入力程度、キーボードいらない。
もっと静かなパソコンがほしかった。
狙うはAndroidタブレットかなぁ~なんておもってたらONKYOがWindows7で発売らしいです。
いままで、Microsoftメインできたので、Androidは若干不安があるし、家計簿ひかるが動作しない。タブレット1台に絞ることはできない。
Windwosタブレットなら問題ない。写真や音楽はNASという選択肢もあるので安心だ。
ただ問題は、汎用OSだということ。どのくらい軽快な操作ができるのか?
これだけは、レビューは当てにできない。自分で触ってみないと・・・
近所の電気屋に展示があるか?
楽しみですね。

トラブル時の体制

トラブルが発生した時、原因究明や対策会議を開きたがる人がいるけど、あれってどうかと思う。そういう人に限って、いきなり「原因は何?回復は何時?」って聞いてくる。こっちが聞きたいよってね
状況把握すら満足に出来ていないメンバーで会議を開いても、妄想会議になるだけで、解決に向かうことはない。
まず、体制を整え、現場で動く人、状況を整理し打開策を検討する人をきめる。この時点では、出来るだけ早く行動を起すことが重要。
次に、現場組は直接的な原因調査、解決をはかる。検討組は影響範囲や状況把握、ユーザ対応、間接的な要因調査。現場組のサポートに徹する。
原因特定または改善策が見えた時点で、会議を開き、最適な解決方法の検討を行う。最適な解決方法とはその場しのぎではなく、今後の運用や再発防止対策も含めた手順を決める事がポイント。
方向性を決めた中で早期解消すれば、その後の対策についてもスムーズに行う事ができる。

どんなに早く解決しても、正しい方法でなかった場合、更なる修正がより難しくなる可能性がある。
最悪の方法を選ばないためにも対策前会議が重要だと思う。

SharePoint2010が面白い

SharePoint2007の時、ほしかった機能が充実してますが、不具合やあと一歩部分もたくさんあるのがSharePointの特徴でしょうか?
全体的にはいいんだけど、動作がモッサリ。
Office連携部分はInternetExplorerで基本操作はGoogle Chromeってのが快適な環境を用意してくれます。
パソコンのスペックが低いのか、ブラウザ何か問題を抱えているのかわからないけど、IEだと動作がすごくモッサリ。Chromeで同じ作業をするとストレスを感じない。
この辺のブラウザの差が出るのでしょうか?でもChromeだと使えない機能もいろいろあって・・・どっちもどっちって感じですね。
それにしても、SharePoint2010になって使いやすくなってますね。
ただ、個人サイトについて言えばもう少し頑張ってほしかった。
社員全員の更新を取得できる方法や利用しない機能OFFとかできればよいのに