2011-04-27

SharePoint Converter 2010 for Lotus notesにて

Lotus Notes/Dominoからシステム変更するにあたって、絶対に避けられないデータ移行作業を大幅に楽にしてくれるのがこのSharePoint Converterです。


うちの場合、ほとんどがディスカッション掲示板をベースにしたテンプレートで利用していたので、ディスカッションへのコンバートになります。ってことで、コンバートを試しているのですが、まぁ、無難にコンバートしてくれます。


見た目の違いはあるものの、ほとんどの内容は維持されていて問題なし。
意外といいかもしれない。


しかも、SharePointのディスカッションのほうが、コミュニケーションをするためのディスカッションに近いため、「あぁ、この使い方はディスカッションじゃなかったんだなぁ~」って気付きがあったりします。これを見せると、リストに変更したりする話が自然と出てきそうだなぁ~


でね、まぁ、その辺はいいんですよ。ユーザとの対話の話だしね。


ただ、NotesユーザとActiveDirectoryユーザの変換がね、どうしたものかと悩み中。
定義ファイルは淡々とXMLファイルを作成すればいいんですよ。
Notes漢字アドレス帳からCSV出力して、Excelで加工、XML化の準備して、テキストエディタで置換をやりまくって、XMLを作成すればいいので、面倒だけど、淡々とできる作業。


問題は退職者の扱い。ADを構築した後の退職者は両方のアカウントをもっているので、何とかなるけど、AD構築前の退職者をどうしようかなぁ~とね。標準だとシステムアカウントになってしまうけど、文書によっては結構重要なのがあって、その人が書いたことを記録に残すのも必要だよなぁ~って思う。かといって、Notesユーザ名を表示するのもかっこ悪いし、やっぱりADユーザとして表示させたい。そうなると退職者のアカウントを作らなければならない。でもそれもやりたくない。


では、どうすればいいのか?


やっぱり、これもユーザとの話し合いで決めるのかなぁ~



2011-04-22

今日の会議は失敗だな。

今日のNotes/DominoからSharePointへの移行打ち合わせは・・・失敗。
まぁ、私も移行について話すのは初めてだったので当然な結果ですが


1年以上WSSを利用し、SharePoint2010も利用している部署の方だったので安心していたというのも原因ですね。


 


今回の打ち合わせでは一回目ということもあり、サイト構成、権限設定について説明し、Notes掲示板の権限をもとにサイト構成案の提案を行いました。その後、単純にコンバートするのではなく、リストにするものライブラリにするものを考えながら掲示板移行しましょうという話。


サイト構成、権限についてはスムーズに進みましたが、掲示板移行については・・・


Notes掲示板をSharePointのディスカッションに移行しましょ!!って話からてんかいすればよかったと思うのですが、初めからいいものにしましょう!!って欲張ったのが失敗ですね。この場合はどれがいいの?ってやり取りが永遠に続くことに・・・


今思えば、今日の相手はSharePointを利用しているといっても、カスタムリストだけで、ほかのテンプレートは使っていないんです。だから、各テンプレートに合った使い方って知らないんですよね。それなのに私は・・・


 


今日の反省をもとに考えたシナリオ



  1. サイト構成、権限設定についてはNotes掲示板をベースに話して問題ない。
     (なんだかんだ言ってもベースはNotesなので)

  2. Notes掲示板はコンバーターを使いディスカッションに移行する。
     (とりあえず、安心させる。)

  3. 移行したディスカッションから、リストやライブラリで管理するものを抽出する。
     (利便性を高めるため整理整頓しましょう)

  4. 作りこんだ掲示板は、作りこみましょう~
     (さらに安心させる)

  5. 慣れてきたら、デザイン権限を渡すこともできますよ~って夢を与える。

 


今日の相手には申し訳ないけど、いい勉強になりました。
疲れた・・・



2011-04-09

ノーツ掲示板からSharePointへ

いよいよ、移行の時がやってきました。
といっても、自部署は2年近く使っているのですが・・・2010を待っていたり、その他もろもろの体制というか根回しに時間がかかってしまったのが原因なんですけどね。


改めて、ノーツからの移行が難しいなぁ~と痛感しております。(まだ始まってませんが・・・)


製品が違うので、同じことは出来ないことは誰でも知ってるけど、提供する側のこだわりとして、変化を少なく、より使いやすいものへ。ノーツ以上の評価をもらいたいと思ってしまうのです。
それが、ユーザへの負担となることもわかっているのですが・・・


何が難しいかっていうと、一つの掲示板でSharePoint 1サイト分の機能を余裕で実現していることかな?権限設定も細かく設定できるし、ツリー構造の権限なんて考慮しなくてもいい自由度。ノーツの場合はそれが負担だったんだけど、これを移行しようとするとねぇ~。


掲示板をSharePointでどう表現するか?



  • 文書を目的、機能ごとに分割する

  • いくつかのリストにするのか?サイトとしてまとめるか?

  • アクセス権限を再考する

  • 応答文書があるものはディスカッション掲示板なのかカスタムリストなのか?

  • お知らせなのかカスタムリストなのか?

一部署の掲示板が一つだったら、サイトという単位に展開して~ってとっても簡単だけど、複数掲示板がある場合、掲示板の数だけサイトを作ると使いにくいだろうし、今までと一緒の問題を抱えてしまう。かといって、一つのサイトに複数の目的を持ったリストが存在したときに分かり易さが維持できるのか?まとめる組み合わせ、サイトにする判断。権限・・・


考えれば考えるほど、考えなければならないことが増えてしまいます。


 


意外と標準テンプレートのディスカッションが一番難しいのかもしれない・・



TA-dmarc add-on for SplunkでExchange Onlineにアクセスしよう

TA-dmarc add-on for Splunk | Splunkbase  でExchange Onlineにアクセスしよう 2022年11月時点ではExchange OnlineのIMAPは基本認証が使えないはずですので、モダン認証(OAuth2)を使う必要があります。W...