Plus Email Addressingって便利なの?

世の中には理解できないサービスや機能が存在する。

その一つがPlus Email Addressing。プラスアドレスとかサブアドレスとかRFCで決まった仕様ではなく業界標準?の使い方。

メールアドレスの@の前に+(プラス記号)と任意の文字列 を挿入しても受信できる。

User@contoso.com なら User+001@contoso.com や User+002@contoso.comを実質無限に作れる

Webサービスなどのユーザ登録でメールアドレスをIDとして利用している場合に,一つのメールアドレスで複数登録できる。そのほか,アンケートなどで使うメールアドレスに使うことで,本来のアドレスを伝えないことが出来るらしい。


このアドレスの面白いところは,プラス記号自体はメールアドレスに使える文字なので,本来のアドレスが"User+001"の可能性もありプラスアドレスなのか判断できない。

受信者のメールサーバーが未対応だと"User+001"がアドレスとして存在しない場合はあて先不明になる。対応していると"User"あてに届く。

Webサービス側は無制限に登録できることを懸念して”+”を含むメールアドレスは受け付けないと決めている場合もあるらしい。

+をアドレスに使いたかった人にとっては迷惑な仕組み。


効果的な使い方は何だろう?
効果を得られたのだろうか?

ん~~~わからない。

コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

1000ユーザーの役職情報を削除しなさい

「列の制限」の計算表を作ってみた。