投稿

暗号化はじめました

前回投稿時に行ったブログのHTTPS化ですが、google様が証明書を発行していただいたと思ってたのですが、証明書を見ると、Let's Encryptの無料発行証明書でした。
おぉ~~~無料なんてだめだぜ!!なんて思ってたのですが、知らず知らずのうちに利用はじめてました。てへぺろ
今まで発行してきた証明書では、代表電話とかメールとかで確認を行うのですが、Webサーバーで認証するので人が介在する必要がないみたいです。 有効期間は90日と短いので取得更新は自動化される前提です。 有効期間が短いということは失効も早いので脅威にさらされた時の影響が少ないというメリットもあります。さすがにEV証明書は発行できないのですが、この仕組みなら無償か超低価格で提供できますね。 価格の高い老舗の認証局はここ数年信頼度が地に落ちていますので、ブランド力なんて意味がない。それより短い期間で証明書を更新できるシステムのほうが信頼できるってことですね。
とはいえ、メールのドメイン認証もそうですが、DNSサーバーの管理者にとってはどんどん責任が重くのしかかってきています。 権威DNSサーバーの管理はまさに権威を保てる人間にしかできない仕事なのですね!!

ドメイン管理者としてDMARC対応したぜ!!

メールシステムのセキュリティーについて考えることがあり、そういえば私自身ドメイン管理者だったことを思い出し、メールシステムのドメイン認証設定してみました。 とはいえ、メールシステムはG Suiteを使っているので、ヘルプに従い作業するだけですね。
以前より、SPFは設定していたので、今回はDKIMとDMARCの設定です。
まず、DKIMですが、メール送信時に署名を行うため、電子証明書が必要です。個人で電子証明書を持つのはなぁ~と思っていたのですが、Googleさんが署名してくれるようなので、ドメインキーを生成してDNSレコードに追加するだけの簡単作業です。
ドメインキーはDNSのTXTレコードに登録するので、DNSサーバーの仕様によってちょっと注意が必要です。私はムームードメインを使っているので、キー長を1024に変更する必要があります。そのほかはそのままで生成します。 あとはコピペでTXTレコードを登録して、「署名を開始」が成功すれば次回送信時からメールに署名が付与されます。
意外とあっけなかったですね。
で、次はDMARCの設定。 こっちはDNSサーバーの設定だけなのでDKIMより簡単ですね。 注意することは、SPFとDKIMで認証失敗したときにそのメールをどう処理してほしいかという指示なので、自分のドメインからのメールの送信元をちゃんと把握しておく必要がありますね。私の場合はG suite以外から送信されることがないので強気の設定ができます。 そう、破棄しろ!!
_dmarc.hrst.jp   TXT   "v=DMARC1; p=reject"
ほんとは、noneから初めて様子を見ながらrejectにするのが正しい進め方ですが、メールを送ることもないので、破棄してもらったほうが世のためです。
こんな感じで、ヘルプを見ながらそのまま設定してしまいました。
DKIMとDMARCは国内ではあまり普及していないようなので、ちょっとでも普及率に貢献できればなぁ~と設定しました。

そうそう、ついでにこのブログもHTTPSに対応しました!!

通勤用自転車のタイヤが裂けてきた・・・

あぁ~~やってしまったって感じですね。
とうとうその時が来てしまったというか、
さっさと交換しなければ、通勤に支障が出ます。

以前、金属の板っぽいものを踏んでしまって、切れていたので気になっていたのですが、傷口が広がってます。確実にやばそう。

やっぱりある程度のサイズになると、接着剤だけでは駄目ですね。
あぁ~依頼すると結構な出費。

自分でやるしかないかなぁ~
というか、工賃払うくらいなら自分でやったほうが楽しいし・・・
週末までに新しいタイヤが届けば即交換ですよ。
それまで耐えてくれればいいのですが・・・

昨日は虫ゴムがダメになって交換したばっかりなのに~~


インターネット接続サービスを変えた!!

相変わらず、我が家のインターネット接続環境は貧相です。
一応、光ネクスト隼ですけどね!!

プロバイダーにお金をかけない主義です。
毎月500円でした。
遅いです。
本当に遅いです。
ひどいときはINS64のほうが早いです。

DAZNの視聴も微妙です。
ギリギリできている感じです。

だから、もう少しお金をかけることにしました。
毎月780円のプロバイダーに変更しました。
年間3360円も余計に払います。

切り替え作業をした21時に速度調査したところ、切り替え前が300kbps程度でしたが、
なんと8Mbpsも出ています。
IEEE802.11n 2.4Ghz 1ストリーム環境なので、有線だともっと出るかもしれませんが・・・

DAZNの視聴がよりスムーズになればよいなぁ~と思ってます。

個人的には、IPoE対応プロバイダーということもあり、PPPoEボトルネックから解放されたIPv6に期待しているのですが・・・まだ、こっちは開通していないのでどのように影響が表れるか楽しみですね。

5GHzの11n対応したほうが良いよなぁ~なんて思ってますが、
とりあえず、最初の1年間無料というキャンペーンにひかれて切り替えました。

このプロバイダーはフレッツISDN~ADSL時代にお世話になったちょっと懐かしいプロバイダーです。

無料サービスがあるのですが、使っていいですか?

今日はまじめな話。

来週、某メーカーさんが商品紹介とかしてくださるということで、東京からはるばるというわけではなく、Web会議システム(Zoom)を使うらしい。
でね、情シスとしては利用するシステムも気になるわけで、当然、概要とか機能、価格とか調べるわけですが、久々にテンションの上がるサービスでした。

海外製品では最近よくあるのですが、最低限のサービスは無償なんです。
Splunkとか無償版でもかなり優秀で十分使えるのですが、Web会議システムでこれをやるか~と驚きでした。
最大100人まで接続可能、1対1なら時間無制限、3人以上で40分まで、回数無制限、デスクトップ共有、AirPlay連携などなど、これが無償か~~と、普通に業務に耐えられるのですが・・・

今すぐ、有償サービスを解約してこれにしたらいいのでは?まぁ、まじめな社員なら考えますよね。何せ年間数十万のコストがゼロになるのですから・・・
一般社員なら検討しちゃいますよね~

でもね、私は情シスなわけですよ。
社員から「Zoomって無償のWeb会議システムがあるんですが、使っていいですか?」って問い合わせがある可能性があるわけです。その時、どう答えるのが正解なのか?と考えてしまうんですよ。
ざっと見た感じ、サービス内容的には、国内の同様のサービスと同レベルだし、WebExのスピンアウトした方々が提供しているので、正直なところ、多分同レベルというより上。
単純に「だめ」と答えることは簡単だけど、低コストでより良いサービスを使っていただくのも私たちの役割、だからこそ、簡単に「ダメ」とは答えられない。その場で回答するならば、「会社で契約しているWeb会議システムがあるので、それを使ってください」と答えるわけです。
それを聞いて「そうですか、わかりました」と話を終わる方は非常に好感度が高いです。
「でも、無償ですよ、こっちのほうが会社にもメリットがあるじゃないですか!!これ使わせてくださいよ!!」なんて食い下がる輩は正直、面倒な奴です。
こっちもわかってるんですよ。このサービスのほうが良いことを!!
でもね、利用するシステムを統一して、混乱を防ぐってことも必要なんですよ。
お前みたいな自称情強だけじゃなく、ほんとに苦手な人もいるんですよ。
我々は、そういう方もちゃんと使えるようにする必要があるんですよ。

だからね、「そ…

5年目の車検を迎える前にすべきこと。

先日、査定予想で夏のアイテムプレゼント!!ってイベントやってるので、遊びに来てくださいと言われ、行ってきました。

査定結果は・・・まぁ、値が付いていてよかった。
ガチ予想は二束三文だけど、希望価格を言うと結構差がありました。
って、お土産をもらって帰ろ~と思ってたのですが、やはり、商売のお話になりますよね。

要約すると、新車を乗り継ぐ場合、5年車検前に買換えがお得です。

まぁ、そうだと思いますよ。
最近?は、残価設定ローンがはやりですし、下取り価格があるほうが有利ですもんね。

ローン期間が終わったら車を手放して残価もなしにするか、残価を払って車を自分のものにする。もしくは残価を再度ローンにするしかないのですから・・・
アテンザの時にやってたリースとは何が違うのかわかりませんが、残価設定ローンは流行ってます。

残価設定ローンを組むのであれば、満期に車を手放すのがベストな判断かなぁ~と思います。
次の車も残価設定ローンにすれば、月々の支払いで新車が乗れるのですから・・・

アテンザのリースは結構そういう感じで始めたんですよね。
でも、5年って結構あっという間で、ちょうど愛着がわき出す時期。
次の車何にしようかな?なんてちょっと罪悪感があったり・・・
候補が皆無だったので、乗り続けましたけどね

一般家庭において支出の先送りは王道だと思うのですが、
総額が増えるのは躊躇しますよね~
総額が減ったとしても、支出イベントが重なると生活が苦しくなるし、
まとまったお金が用意できない事態になると、そこでおしまいですからね。

難しいところです。

ガーデンライト買ったけど…

イメージ
建築当時に設置していたガーデンライトが点灯しなくなって久しいですが、やっとこさ新しく購入しました。

パーツが金属?になり、以前の樹脂製のように水やり時のホースが引っかかって折れたりすることはなさそうです。その代り腐食が心配ですけど・・・

一つ注意が必要で、ライトのさす奴が分離された状態で届いたので、ねじ止めする必要がありますが、六角レンチが必要です。一般的なサイズ?だったのですが、すぐ使いたいという人は注意ですね。まぁ、ペンチがあればしっかり止めれるかな?

設置については、問題が発生、ソーラーパネルとライトの間は3mのケーブルということで6m離れた場所に使えるなぁ~となんとなく大丈夫だと思ってたんですけど、当時と同じ場所だと2mほど足らず、追加購入が必要かな~なんて思ってます。

よくあるんですよね、余長や取り回しが足らないってことが・・・LANケーブルでね。
皆さん机の高さとか、パソコンの場所とかをよく忘れています。
目測や図面とかで3mで余裕だと思っても、ギリギリだったりしますね。届いても斜めにケーブルが這っていたりかっこ悪いです。だからケーブルは長めがお勧めです。

そういうわけで、後日追加購入し、無事2本のシンボルツリーと郵便受けがライトアップされました。初回購入のソーラーパネルの場所が木の陰になってしまうので、充電が微妙な感じですが、ダメなときは、半田ごてで延長すれば大丈夫。ホットボンドも持ってるし~