ADFSの名前は一つ!!



ADFSって何?って聞かれそうですが・・・

本来、社内ネットワークに設置される、コンピューターの認証基盤Active Directoryを社外のサーバーでも利用するための仕組みってとこですか?

Office365 とかクラウドサービスを社内のID、パスワードを全く一緒にして利用しようという仕組みです。これがなかったら、同じIDを設定していても、パスワードは別。ユーザーは同じIDを使っていながら、接続相手によって違うパスワードを入力する必要がある状態になります。(別のIDを使うなら大した問題ではありませんが・・・)

どうやってパスワードを使うかというと、認証時にADFS経由でActive Directory認証を行うんですよ。

ってことで、このADFSを使うということは、AD DSは当然ですが、ADFSサーバが停止するとOffice365が利用できないのです。

だから冗長構成を必ず取る必要があるんですね。そして、セキュリティーを高めるために、ADFS Proxyを設置して、これも冗長化。
とにかく、止めない。止まらない構成を構築する必要があるんです。なにせクラウドサービスは基本無停止だから。

でね、このADFSサーバー群なんですけど、もちろん個々のサーバーはそれぞれ別の名前があるんですけど、ADFSサービスとしては一つの名前で動作するんです。当たり前?いやいや、普通じゃないかもしれないけど、内部サーバーと外部公開サーバーは違う名前使うよね。え?一緒?
参照するDNSによって違うゾーンのサーバーを名前解決されるのって気持ち悪くない?ADFS Proxyは自分と同じ名前の内部ネットワークのADFSサーバーと通信するとき困るじゃん!!と思ってしまいましたが、全部同じ名前なんです。

社内のADFSも社外のADFS Proxyも同じ「https://adfs.contoso.com」でアクセスするんです。

もちろん社外のADFS Proxyがユーザーの代理アクセスする社内のADFSに対しても「https://adfs.contoso.com」でアクセスするんだよ。

これって面白いよね。

ちなみにADFS Proxyサーバはhostsファイルに社内のADFSのIPアドレスを記述している。

hostsファイルなんて、使わずにDNSで解決すべき!!なんて思っているのですが、「あぁ、こういう使い方もありなんだ~」と。

今日言いたいのは、「Active Directory Federation Servicesは、たくさんサーバーが必要だけど、FQDNは一つ!!」ってことです。


コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

メールの整理

ガーデンライト買ったけど…