2013-03-08

クラウドを使うためには・・・

最近Office365導入に向けた検証を本格的にやり、Active Directory Federation Services や Active Directory同期、Exchange Serverのハイブリッド構成の構築を行っていて感じること。


オンプレミス状態では考えられないほど、インターネット公開すること。


Proxyやエッジサーバーを用意する前提とはいえ、インターネット上からActive Directory認証が可能になるってことでアカウントのパスワード管理強化がセキュリティーの要だよなぁ~と感じる。


不要なポートは閉じ、セキュリティーホールを一生懸命閉じたとしても、ログイン画面は絶賛公開中。


アカウント名なんて、有効なメールアドレスを探すのと大差ないくらい簡単だろうし、パスワードルールが甘い企業だと、簡単に突破できるんじゃないかと思います。


パスワード変更期限の設定、複雑なパスワード、文字数制限は必須。できればスマートカードのようなユーザーすらパスワードを知らない仕組みを用意するとか、クライアント証明書などを組み合わせた認証が必要なんじゃないかと思います。


そういうことをやっても、公開するって結構きついよなぁ~


まぁ、それ以上のメリットを感じているし、求めるとクラウドって答えになるんだけど、機密情報はオンプレミスだから大丈夫!!なんて言ってられない世の中になっている。


ネットワークの内外関係なく、ちゃんと情報を管理し、保護する必要があるんだよね。



0 件のコメント:

コメントを投稿

TA-dmarc add-on for SplunkでExchange Onlineにアクセスしよう

TA-dmarc add-on for Splunk | Splunkbase  でExchange Onlineにアクセスしよう 2022年11月時点ではExchange OnlineのIMAPは基本認証が使えないはずですので、モダン認証(OAuth2)を使う必要があります。W...