3000円で売ったけど、手元には990円

先日買っていただいた3000円の品物の経費を支払うと990円になったって話。

販売手数料 10%(300円)
らくらくメルカリ便 1,500円
振込手数料 210円
残り 990円(出品発送に伴う労務費含む)

どう受け取るかは自由だけど、結構コスト高な取引だなぁ~と。
まぁ、どの方法をとっても似たようなもんですけどね。

粗大ごみが990円に化けて、買った相手は市場価格より安く手に入る。
Win, Winな関係でしかも、メルカリ、ヤマト運輸、銀行にもお金が回る素晴らしい仕組みですね。

そして、なぜ現金化を忘れて没収されるのかがわかりました。
10,000円以下の振込だと210円の手数料が発生する。
出品した合計価格が1万円を超えていれば、1万円まで保留して
210円を浮かせようと考えますよね。

でも、思ったように売れないので時間だけが過ぎていく。

よく考えてある仕組みです。

210円をけちると0円になるのです。
ケチは損です。

コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

「列の制限」の計算表を作ってみた。

ガーデンライト買ったけど…