2013-07-23

訂正!!データソース名変更は簡単だった!!

先日、MRTGで作成するRRDTool形式のファイルのデータソース名を変更すのは、一度XMLに変換して編集する必要があると投稿しましたが、rrdtuneの存在をすっかり忘れていました。
めったに使うことがないコマンドなので申し訳ない。


rrdtool.exe tune filename --data-source-rename old-name:new-name

これで簡単にできます。


RRDToolからCactiにトラフィックデータを変換する場合は、ds0をtraffic_in、ds1をtraffic_outに変換してすればいいから次のコマンドでOK。


rrdtool.exe tune filename --data-source-rename ds0:traffic_in -r ds1:traffic_out

 このコマンドをBATファイルにしておけば、簡単に変換できるね


これさえあれば、ファイル名を変更して上書きする作業も入れても十数秒なので、5分間隔の取得処理の間にやるにしてもかなり余裕のある作業ですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿

TA-dmarc add-on for SplunkでExchange Onlineにアクセスしよう

TA-dmarc add-on for Splunk | Splunkbase  でExchange Onlineにアクセスしよう 2022年11月時点ではExchange OnlineのIMAPは基本認証が使えないはずですので、モダン認証(OAuth2)を使う必要があります。W...