キッズ携帯からスマートフォンへ

 一応、念のため、外出時には持たせていたキッズ携帯ですけど、ほぼ出番もなかったのでスマートフォンに変更しました。もちろん楽天モバイル。

未成年でも契約できるのかな?と不安を感じつつも手続きを進めたところ、すんなりと契約が終わりました。保護者の同意書も写真を撮って提出で申し込んだ翌日午後にSIMが届くという超特急開通でした。

未成年が利用するということで「あんしんコントロール by i-フィルター」の強制加入が条件となりましたが、これ・・・月額330円必要なんですよ。他社さんは無料だったりするのですが、さすがに1GBまで0円なので有料になりますよね。毎月払ったとしても他社より安いのでまぁいいか~と思ったけど、使い方を見てると不満爆発ですよ。

この機能、ホントざるで困る。総務省さんは形だけですね。
子供がネット上のトラブルに巻き込まれないようにフィルタリングに対応した専用ブラウザーとアプリ制御、利用状況の報告が可能なアプリをインストールさせるんですよね。

でもね。アプリ内のブラウザはフィルタリングされていないし、アプリ内課金も制御できていないんじゃない?大体、世の中のまっとうな企業のウェブサイトはスマートフォン標準のブラウザのみに対応していて、フィルター機能付きブラウザで正しく表示、機能するための対策は行っていませんよね。

それに、フィルタリングを確実にするために標準ブラウザの起動禁止ポリシーを設定しろって・・・とりあえず、通信事業者の提供するウェブサイトやサービスはすべて対応しているのか?って聞きたいよね。

本気に考えるなら未成年契約者用のAPNを用意してNW上でコンテンツフィルター動かしませんか?そしてWi-Fi接続時にはProxyを強制してちゃんとフィルタリングを機能させてほしいですね。

このソフトでよいなら、スマートフォン標準のペアレンタルコントロール機能でいいじゃん。
同等機能揃ってますよね。こっちのほうが抜け目なくて安心なんですけど~

というわけで、書類の郵送しました。300円の価値があることをちゃんと説明してくれれば利用してやらんでもないぞ~。

コメント

このブログの人気の投稿

1000ユーザーの役職情報を削除しなさい

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

「列の制限」の計算表を作ってみた。