無償版G Suiteがとうとう使えなくなるの?

朝からこの話題であたまがいっぱいです。

無償版「G Suite」、7月1日に完全終了 有償「Google Workspace」への切り替え推奨 - ITmedia NEWS

 従来の無償版 G Suite - Google Workspace 管理者 ヘルプ

私の私用メールはカスタムドメインが利用できる無料プランを使わせていただいており、現在はG Suite legacyのサブスクリプションということになっている。私も該当するなら対応する必要がある。管理者宛てへ案内メールが送信されているということなので対象なのであれば正式に連絡は来るだろう。

さて、困ったことになった・・・前回の無料版新規終了よりは困ってないけど・・・

とりあえずメールサーバーの移行先を考える必要がる。

すべての個人あての連絡先に使っているのでアドレス変更という選択肢は最後。もともとドメインを取得した理由が一生変更しなくてよいアドレスを手に入れるということだったので目的を変えることになる。まぁ、一般の誤家庭から足を洗う機会ととらえてもよいのだけど。ドメイン維持費もそれなりにするし・・・

話を戻して移行先をサクッと調べてみた。順番は思いついた順。

第1位 ムームーメール | 独自ドメインで使うWEBメールサービス 

年額1,200円で継続利用可能だ。ドメイン管理と同じ会社を使うのは自然かな~ブログもセットとなるとロリポップも候補だ。

第2位 Microsoft 365 Personal (旧 Office 365 Solo) 

Microsoftアカウントをカスタムドメイン化するのも手だね。
Outlook.jpメールも使っているけどMSアカウントはこのドメインアカウント使ってるのでインパクトはほとんどない。ただ、Officeアプリが付いてくる点が・・・個人パソコンは永続ライセンスがあるのでいらないんだよね~OneDriveの容量も無料枠+αで困ってない。
年間1.3万はちょっと候補からやっぱり外れた。

第3位 Google Workspace business Starter

案内通り、有償版にアップグレード。すべてはお金で解決だ。
メールしか使わないのに年間8,000円払う価値があるのか?という疑問が出る。

第4位 iCloud+

iCloudの有償プラン。年間1600円程度なのでムームーメールと良い勝負。
ただ、現在iPhoneを持っていないのでiCloudメールを有効化するには工夫が必要。
Apple IDは維持したい。作り直しても良いと思うけどアカウントを紐づけているサービスがあるので棚卸をしなければならない。

メールサーバー更改はお金もらってでも避けたい案件ということだ。
どうすべきか・・・・

コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint アイテム保管ライブラリをのぞいてみよう

1000ユーザーの役職情報を削除しなさい

ADMXがあればIntuneでもグループポリシー配布できるもん