slackって無料が一番使いやすい?

有料版でよいこと
  • SSOが使えるので、ユーザー認証管理が社内認証と連携できる
  • Corporate Exportが使えるのでプライベートチャンネルのエクスポートができる
  • 共有チャンネルが使える
Enterprise Grid でよいこと
  • チャンネルが増えても、ワークスペースを作成して、チャンネル引っ越しが可能
  • メンバーはGrid管理なのでワークスペースをたくさん作っても費用が増えない
  • Slack社の営業とSEが選任で、共有チャンネルで連絡が取れる
  • 追加費用が3か月に1度しか発生しない
無料版で困ること

  • プライベートチャンネルのエクスポートができない
  • 閲覧制限をかけたいときはプライベートチャンネル
  • 社内、社外関係なくメンバー
  • 有料版利用企業と共有チャンネルが利用できない
有料版で困ること
  • 無料版でできる事がすべて有料になる
  • 有料なので社外メンバーは無料のゲストにしたくなる
  • 無料のゲストはチャンネル一つしか利用できない
  • 同じ利用者でもワークスペース数の費用が必要
Enterprise Gridで困ること
  • ワークスペースが複数あっても、無料のゲストはチャンネル一つしか利用できない
  • Corporate Export が使えない
  • SSOが必須なので、ゲストからメンバーへの変更にユーザ登録が必要
  • メンバーは未参加ワークスペースのゲストになれない
Slackって、みんなが無料版なら幸せだし、
みんなが有料版でも幸せになれる。
でも、一人だけ有料版の時って、ゲストの費用まで負担しないと制限が増えるんだよね。

そして、高ければよいって感じではなく、Enterprise GridではCorporate Exportが使えなくて、Discovery APIを使わないといけない。気軽にエクスポートできなくなるんですよねぇ~。

情報公開を基本ポリシーとしているから譲歩するけど、Gridメンバーになってると、参加していないワークスペースのチャンネルのみ参加ってのができない。共有チャンネルの相手側権限制御ができない。なんか、NDA契約があれば大丈夫!!って感じなのかな~。
”不要な情報を一般公開したくない“ ってのができないのがねぇ~

何だろう・・・

コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

1000ユーザーの役職情報を削除しなさい

ガーデンライト買ったけど…