DevToysは開発者だけのツールではない(Base64)

 Intuneの構成プロファイルを作成すると「Base64でエンコードする必要があります」なんて求められる時、インターネット上にはBase64に変更してくれる便利なサイトがありますよね。

検索で見つけたサイトを使おうかな~と思っちゃいますよね。と同時にこのサイトは大丈夫なのか?と思ったり。ほかにBase64エンコードしてくれるツールなんか知らないし、企業秘密が含まれた情報でもないけど、最近だとLog4jの脆弱性を狙った文字列を付与されないかとか心配だったりしますよね。

あらゆるリスクを考慮すると出来ればサイトを使わず変換することを希望するのですが、今まで使いやすいな~と感じたツールが無かったんですよね。準備が面倒だったりコマンドベースだったりと、利用頻度も少ないのでサイトを使っていたのですが、見つけちゃいました。

DevToys」です。名前から想像するにIT管理者向けではないと感じるかもしれませんが、結構使える機能がそろっています。その一つが「Base64エンコード/デコーダー」

変換したい文字列を張り付けるだけでエンコードされた文字列を得ることが出来ます。
もちろん逆もできるので確認にも使えますね。

インストールもMicrosoft Storeから出来るのでとっても簡単。


そのほかにも構成ポリシーの中にはJSON形式の設定文字列を1行表示で入力する必要があったりします。これも作成や修正ではインデント表示でないと構造が分かりづらく苦労しますけどDevToysを使えば簡単に変換することが出来ます。
このツールを知らないときってエディタで改行やスペースを地道に修正していたので地味に効率が悪かったんですよね~

ちょっとお勧めなツールの紹介でした。


コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint アイテム保管ライブラリをのぞいてみよう

1000ユーザーの役職情報を削除しなさい

ADMXがあればIntuneでもグループポリシー配布できるもん