2016年8月24日水曜日

太陽電池モジュールの反応速度

先日、こども向け科学実験イベントで
糸電話を光で実現するコーナーがありました。

紙コップの底に糸ではなくアルミホイールを張り、
そこに光を当て、反射した光で発電し、
ラジカセのマイク入力端子に接続するいたって簡単な方式

声を発すると、アルミホイールがわずかに振動するため、
太陽電池に当たる光も振動に合わせ変化し、発電量も変化する。
この変化を増幅してスピーカーから出力するという仕組みですね。

この実験には驚きました。
実験方法とか仕組みとかはどうでも良くて、
太陽電池の反応速度について

やすい電子キットに付属のマイクロフォンレベルの音質はあったので、
慣れればちゃんと聞き取れるレベルなんですよ。

太陽電池ってもっとじわ~~っと電圧が変化するものだと思ってたので、
びっくりでした。

そのことをスタッフの大学生に伝えても???って反応。
だから聞くことはやめました。

一体、この太陽電池は何Hzまで対応できる反応速度があるのでしょうかねぇ~

2016年6月20日月曜日

24時間戦えますか?

日本車にとって難しいようですね。
地上波中継もないのでニュースから結果を知ったのですが、
トヨタがあと一歩で優勝を逃したようです。

787Bファンとしては安堵ですが、残念な結果ですね。
日本メーカー唯一の総合優勝がマツダということを知らない人もたくさんいるだろうし・・・
そもそも、マツダがル・マンに出ていたことすら信じてもらえないような気がします。

だから、トヨタさんにはさっさと優勝してもらいたいと思うのです。
各社が作成した日本のル・マンへの挑戦にちゃんと787Bが紹介されるように・・・

それにしても、信頼性の高い日本車はなぜ24時間レースに苦戦しているのでしょうか?
24時間全開走行が可能な車をつくるだけなんですけどね。

優勝常連メーカーの車両って25時間や26時間レースにしても勝てそうですよね~

2016年5月31日火曜日

そういえば・・・

午後から雨の日曜日と、予備日の火曜日に分けて子供の運動会が開催されたのですが、
相変わらずのジェネレーションギャップ。

入場行進がない。
 運動会といえば、体育教育の成果発表でもあるはずなので、集団行動の見せ場だと勝手に思っているのですが、行進は戦争を連想させるからないのでしょう。
うちの子は落ち着きがないので行進なんて無理だよなぁ~なんて思ってたのに、しっかり歩調を合わせて更新する姿を見れば感動モノなんですけど・・・

準備運動がない
 開会式でのラジオ体操は定番だと思ってたのですが、ありません。
終日運動する行事なんだから・・・

開会式の前に応援合戦
 応援合戦って午後一番の演目では?というのは古いのでしょうか?
始まってもないのにエールを送るというのもまぁ・・・

岡山なのに毎年恒例のソーラン節
 なぜ!!って思ってたけど、うちの校名「そうなん」と「ソーラン」を・・・ダジャレらしいです。

組体操がなくなって、うらじゃ
 ソーラン節は法被を着てやるのですが、「うらじゃ」は体操服。
 法被を羽織ると映えるのですが~なぜ着せない。気が回らなかったのか、何かあるの?
 そういえば、組体操ってどっかのバカ教師どもが危険な演技を強要して、毎年生徒に重傷を負わせてたことが原因で禁止になったんですよね。うちの学校ではそんな過激な演技はなく、ピラミッドも3段程度、禁止されるような内容ではないと思うのですが・・・ほんとバカな教師には怒りを感じますね。一度、バカ教師たちだけで5段ピラミッドやタワーをやればいいと思うよ。まぁ、大人なんだからもっと高いの出来るよね~

でも、騎馬戦はある
 本来、組体操よりよっぽど危険な騎馬戦はいまだに行われています。
騎馬を押し倒す行為は当然禁止されているようですが、小学生とはいえ迫力はあります。
私のころは、帽子が取れない騎馬は、相手の騎馬を崩す。という選択がありましたけど・・・あれは危険ですね。

徒競走や障害物競走など個人順位競技は存在しない。必ず団体競技。
でも、だからこそ、個人の能力差がすごく目立つ。走るのが苦手な子にとっては、個人レベルで調整できる協議のほうが幸せなんじゃないかと・・・まぁ、毎回ドベでも影響は少ないはず。だから、責められることがない。
クラス全員リレーとか悪夢だよ。苦手な子の順番になると、トップでもドベに転落するわけだ。それを全校生徒と保護者に晒されるのだ。

で、中学校の体育祭は平日に行われるらしい。
どんなプログラムや演目が行われているのか気になる。

2016年5月14日土曜日

新しいデジカメはダメだった・・・

先日液晶を割ってしまったNikon COOLPIX S6500に代わり、SONY Cyber-shot DSC-W810を使い始めたのですが、S6500のフラッシュ利用時のシャッターチャンスを逃す問題は改善されましたけど、ブレが結構問題になっています。

今まで利用してきたカメラでいうとCASIO QV100に近いイメージ、そのくらいがっかりです。
とにかくシャッター速度が遅いような気がする。
今までと同じ感覚で撮影するとブレるんです。

重量が減り、サイズも小さくなり、持ちにくいので、ブレやすい状況ですが、スマートフォンのほうが確実に撮影できるっておかしいです。
フラッシュもないカメラに負けるなんてどうなんでしょうか?

これから今月は運動会も控えており、動きの速い被写体がちゃんととれるか心配です。

このカメラね、NTTのポイント交換だったので、金銭的には全く痛くない。交換可能な商品はどれもいらないものばっかりだし・・・
それでもあぁ、失敗した~と感じてしまう。CASIO EXILIM EX-Z900SRにすればよかったと思ってしまいます。

やっぱり、ちゃんと店頭で確認してから買わないとだめですね。
先日電気屋さんで探したらありませんでしたけど・・・

液晶もひどい。こんな視野角が狭い液晶ってまだ存在していたんだ~と驚きました。
縦に構えるとギラついてみるに堪えないです。

QV100だと思えば、フラッシュが付いた分撮影しやすいですね。
液晶も同じレベルだし・・・

2016年4月23日土曜日

対岸の火事だと思っているけど・・・

明日は我が身。

神戸、東北、熊本、エクアドル。
大規模地震って遠くの話だと思っていたけど、結構身近に起きている。
神戸に住んでいる親戚、当時はいなかったけど、今はいます。
東北や海外にはいないですね。
SNSやテレビで見る世界なんですよね。

でも、熊本というか大分はまさに親族。
壁が一部剥がれたり、ひびが入ったりしたらしいです。
100年級の古い家なので、いたるところにぼろが来てたけど、
被害が出たってのはちょっと今までと違いますね。


とはいえ、実感がないわけで・・・
仕方がないんですよね。
なんだかんだ言っても私が被災したわけではないし、
最近は衝撃映像とかテレビでやってて、テレビでしつこく映像を流しても、国内の衝撃映像特集?って感じですよね。
連日の報道は何を伝えたいのでしょうか?
ただ現状を伝えるだけならSNSで十分です。


そういえば、先日NHKスペシャルで東北の5年間を定点映像によって復興を見るという番組の再放送がありました。

今回初めて見たのですが、津波対策も併せて行っているので、ダダの復興ではなく、数メートル高い場所に街を作ろうとしているんですよ。だから、全然進んでいなくて新しい街としてスタートするのはいつになるやら?
避難所生活もいつまで続くのか?

地震大国に定住する人間がいうのもなんですけど、地震っていやですよね~
とくに、揺れ始めの感覚が・・・

2016年4月3日日曜日

SC-01CにCM11を入れたいけど、躓いている人へ

今更ですけど、SC-01CにCyanogenMod 11を入れるチャレンジをしていて、エラーが出て前に進めないという人へのヒントを紹介しようかなぁ~と思います。

私がやった方法ですけどね。
docomoのSC-01Cは一部カスタマイズされています。
そう、モデル番号がSC-01Cになっているんですね。
あと、modemファイルも独自仕様。

配布されているCM11のイメージはグローバルモデルのGT-P1000用に作られており、インストール時にモデル番号の確認が動きます。

私の場合は、このモデル番号が異なるというエラーが出ていたので、
CM11のZIPファイルを展開し、p1ln.shというファイルのgt-p1000をSC-01Cに書き換えて、再度アーカイブして作業をするとうまくいきました。

こういうときってunixベースのシステムって楽ですよね。
設定ファイルとかがテキストファイルなので、失敗を覚悟すれば簡単に編集できるし~

SC-01Cって持ち運ぶには重いけど、厚みがあるので、持ちやすいんですよね。
電子ブックとしてならまだ、十分使えます。
遅いけど・・・

2016年3月18日金曜日

どんな気持ちで行けばいいの?

「どんな気持ちで行けばいいの?」と卒園式前夜に問われた。
行けばいい?心構えってこと?

なんて難しい質問をするのだろう?
卒園、卒業は人それぞれでよいと思う。
ただ、うやむやに答えることもよくない。

  • 三年間の幼稚園生活が終わった喜び
  • まだ、園児を続けたい思い
  • 頑張った自分に対する褒め、達成感
  • 新たな世界への一歩を踏み出す不安
  • 仲間との別れ(公立幼稚園なのでほぼ同じ小学校に行く)
  • 先生との別れ
とにかく、様々な気持ちがある。
かれこれ20年近く前の記憶をさかのぼり、どう思ったのか?

私にとって卒業とは「寂しさ」かなと。

一つの人生が終わったと実感する瞬間。

それが、卒業なんだろうなぁ~


いろんな気持ちが、たくさんの思い出がある。
感じたことをそのまま受け入ればいいんだよ。


さて、式を終えて「どんな気持ちだった?」と聞いてみたら
「ふつう」との回答。

でも、「ちょっと涙が出た」と言ってたので、
彼なりに何かを感じたのかなぁ~と思った。