2017年3月8日水曜日

ガーデンライト買ったけど…

建築当時に設置していたガーデンライトが点灯しなくなって久しいですが、やっとこさ新しく購入しました。

パーツが金属?になり、以前の樹脂製のように水やり時のホースが引っかかって折れたりすることはなさそうです。その代り腐食が心配ですけど・・・

一つ注意が必要で、ライトのさす奴が分離された状態で届いたので、ねじ止めする必要がありますが、六角レンチが必要です。一般的なサイズ?だったのですが、すぐ使いたいという人は注意ですね。まぁ、ペンチがあればしっかり止めれるかな?

設置については、問題が発生、ソーラーパネルとライトの間は3mのケーブルということで6m離れた場所に使えるなぁ~となんとなく大丈夫だと思ってたんですけど、当時と同じ場所だと2mほど足らず、追加購入が必要かな~なんて思ってます。

よくあるんですよね、余長や取り回しが足らないってことが・・・LANケーブルでね。
皆さん机の高さとか、パソコンの場所とかをよく忘れています。
目測や図面とかで3mで余裕だと思っても、ギリギリだったりしますね。届いても斜めにケーブルが這っていたりかっこ悪いです。だからケーブルは長めがお勧めです。

そういうわけで、後日追加購入し、無事2本のシンボルツリーと郵便受けがライトアップされました。初回購入のソーラーパネルの場所が木の陰になってしまうので、充電が微妙な感じですが、ダメなときは、半田ごてで延長すれば大丈夫。ホットボンドも持ってるし~

2017年3月6日月曜日

例えば・・・


例えば・・・
  clear        Clear runtime parameters
  configure    Manipulate software configuration information
  debug        Debug and diagnose
  delete       Remove files from hard disk
  diff         local configuration diffs
  exit         Exit this session
  find         Find CLI commands with keyword
  ftp          Use ftp to export files
  grep         Searches file for lines containing a pattern match
  less         Examine debug file content
  ls           Examine debug file listing
  netstat      Print network connections and statistics
  ping         Ping hosts and networks
  quit         Exit this session
  request      Make system-level requests
  schedule     schedule test jobs
  scp          Use scp to import / export files
  set          Set operational parameters
  show         Show operational parameters
  ssh          Start a secure shell to another host
  tail         Print the last 10 lines of debug file content
  target       management session target
  tcpdump      capture packets on management interface
  test         verify system settings with test cases
  tftp         Use tftp to import / export files
  traceroute   Print the route packets take to network host
  view-pcap    Examine packet capture file content

こんな表示があるわけですけど、使い慣れたコマンドは日本語に変換せずに理解できるのです。
でも、コマンドの説明文は知っている単語をヒントに文書を日本語に変換し、理解するという無駄なプロセスが発生します。
これが、マニュアルになると、ほとんどが日本語に変換しなければ理解できません。
しかも、知らない単語が増えてくるので、正確な理解には翻訳ソフトの助けが必要です。
しかし、翻訳ソフトだと専門用語などの精度が低いため、結局原文と見比べながら理解していきます。だけど、完全には理解できないので、多分こう書いているんだろうなぁ~になってしまいます。

英語→日本語→理解
から
英語→理解
になる瞬間ってどうな感じなんでしょうかねぇ~

2017年1月1日日曜日

2017年のご挨拶




あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

本年より、年賀状でのご挨拶をやめさせていただきました。
この場にてお詫び申し上げます。

今年は酉年ですが、鳥の絵は難しく、
ひよ子や鳩サブレーのレベルにも到達できず・・・
部首「さんずい」を付けてしまいました・・・
今年は、一月は正月で酒が飲めるぞ~~酒が飲める飲めるぞ~酒が飲めるぞ~♪
と、毎月良いことがあったら飲みたいと思います。

皆様に良い一年が訪れますように!


2016年11月28日月曜日

超新星爆発はいつなのか?

日曜日は3時間ほど時間をつぶさなければならなかったけど、あいにくの雨で公園や野外イベントはちょっとなぁ~という感じで、サイピアに行ってきました。
ちょうど「理大の日」という学生さんが行う子供向け科学実験イベントを開催していたのです。
まぁ、気に入らなければプラネタリウムもあるのでねぇ~

ちょっと早めについてしまい、館内をうろうろしていると、プラネタリウムの映写装置の一部が展示されていました。
ちょうど冬の星座を映す側の球体です。

背景の星空は球体のいくつかのレンズから照射されるようでしたけど、シリウスとかベテルギウスなどのよく説明に登場する星は個別のペンライトみたいなやつでした。

ベテルギウスといえば、ちょうどいま、夜空に輝いていますけど、探すときはオリオン座の腰、三つ星とオリオン大星雲を探して、それから左上に赤く見えるのがベテルギウスです。
このベテルギウスは数年前から超新星爆発間近との話もありますね。
今年もきれいに輝いています。

爆発後しばらくは昼間でも確認できる明るさという話ですから、月より明るい姿を見るのも楽しみだし、昼間に輝く姿を見るのも楽しみなので、できれば春か秋に爆発して、両方が楽しめるといいなぁ~と思ってます。でも新月の夜を明るく照らす姿も捨てがたい・・・

いつ爆発するかわからないというところもいいですよね~。
もしかしたら第一発見者の一人になる可能性もあるのでつい見上げてしまいます。

ところで、ベテルギウス専用の映写機は爆発後何年で取り付けられなくなるのでしょうか?
オリオン座もどうなるのでしょう?
生きている間に爆発してほしいなぁ~なんて思ってます。
爆発自体は642年前に起きていないとダメなんですけど・・・

P.S. 岡山で夜空を見ながら移動すると、今月のJAFメイトで紹介されているように、農業用水路に落ちるので立ち止まって見るようにしましょう。

2016年10月7日金曜日

メールの整理

メールの削除って読んですぐやらないと、めんどくさいし、たまってしまって、整理できなくなりますよね。
いちいち読み返すことも時間の無駄だし・・・かといって、ほっておくと動作がもっさりしたり、容量制限に引っかかったり、パソコンの買い替えとかで面倒だし・・・
ほんと、どうにかしたいです。

とくに、会社のメール。
いつ、過去のやり取りが必要になるかわからないという不安から削除=悪のような感じ。
それなのに、容量制限があったり、日程調整とか挨拶とかの不要なメールも交じっており、何とかしたいなぁ~なんて思います。
DMはさっさと消せばいいのですが、消すのが面倒。
日程調整のメールはすぐに消せないので、消すのが面倒になる。
取引先とのやり取りは、区切りがつくまでは消せないし、次の案件につながることもあるので、なかなか整理できない。
そうやっているうちに、どんどんたまっていくんですよね。

って、昨日メールを整理しながら考えてました。

今、私の整理方法は、
・DM、ニュース関連は、2週間で削除するフォルダーに自動振り分け
・サポート関連のメールはそれぞれの案件フォルダに自動振り分け
・案件ごとのやり取りも案件フォルダに手動で振り分ける

今回整理してて感じたのは、2番目のサポート関連メール。
ちゃんと目を通したいので、案件フォルダに振り分けているのですが、消すタイミングも難しく、結局ごちゃごちゃ。
次のメンテナンス時に必要な情報だったりするので、すぐに消せない。すると消すチャンスがなくなる。そんな感じ。

取引先とのやり取りもなかなか・・
ほとんどが数か月で不要になる内容だったりするのですが、それを消すってねぇ~
消すってことは必要な情報が含まれていないことを確認する必要があるので、稼働がかかる。
面倒なのでたまる一方。
そして10年前とかのメールがいまだに残っている。
ほんと、消したいんですけど、いまだに使っているシステムとかの情報があるのでねぇ~

でね、新しい整理方法を考えたのですが、
自動削除をうまく使う。
基本的に2か月くらいで自動削除するように受信トレイを設定しまう。
ニュースは2週間程度
サポートメールは2~3か月
情報として価値のあるメール。契約関連とか・・・。
そういうのだけ案件フォルダに入れる。

この方法だと、その時に残す判断をしたもの以外はすべて削除されます。
受信トレイもきれいに保てるし、いいかなぁ~と考えています。

ただ、保存する判断を誤った場合のダメージがありますが、
基本、メールなんて電話やFAXの発展と考えれば、その場限り。
そう自分に言い聞かせてさっさと消してしまおう!!
消せばいいんだ!!
けしていいよね?
ほんとに?

と、受信トレイの自動削除は結構あれだよね~~


2016年8月24日水曜日

太陽電池モジュールの反応速度

先日、こども向け科学実験イベントで
糸電話を光で実現するコーナーがありました。

紙コップの底に糸ではなくアルミホイールを張り、
そこに光を当て、反射した光で発電し、
ラジカセのマイク入力端子に接続するいたって簡単な方式

声を発すると、アルミホイールがわずかに振動するため、
太陽電池に当たる光も振動に合わせ変化し、発電量も変化する。
この変化を増幅してスピーカーから出力するという仕組みですね。

この実験には驚きました。
実験方法とか仕組みとかはどうでも良くて、
太陽電池の反応速度について

やすい電子キットに付属のマイクロフォンレベルの音質はあったので、
慣れればちゃんと聞き取れるレベルなんですよ。

太陽電池ってもっとじわ~~っと電圧が変化するものだと思ってたので、
びっくりでした。

そのことをスタッフの大学生に伝えても???って反応。
だから聞くことはやめました。

一体、この太陽電池は何Hzまで対応できる反応速度があるのでしょうかねぇ~

2016年6月20日月曜日

24時間戦えますか?

日本車にとって難しいようですね。
地上波中継もないのでニュースから結果を知ったのですが、
トヨタがあと一歩で優勝を逃したようです。

787Bファンとしては安堵ですが、残念な結果ですね。
日本メーカー唯一の総合優勝がマツダということを知らない人もたくさんいるだろうし・・・
そもそも、マツダがル・マンに出ていたことすら信じてもらえないような気がします。

だから、トヨタさんにはさっさと優勝してもらいたいと思うのです。
各社が作成した日本のル・マンへの挑戦にちゃんと787Bが紹介されるように・・・

それにしても、信頼性の高い日本車はなぜ24時間レースに苦戦しているのでしょうか?
24時間全開走行が可能な車をつくるだけなんですけどね。

優勝常連メーカーの車両って25時間や26時間レースにしても勝てそうですよね~