Google Play Musicが終わる

 パソコンの中に蓄積されたダビングされたMP3を持ち歩いて聞く。
そんな生活を以前してました。電車通勤で一人の時はよくやってたよね。

スマートフォンになってからはMP3プレイヤーではなく、携帯電話の中に保存して使ってたけど、Google Play Musicの存在を知ってからはクラウド保存です。
まだ、日本で提供されていない時期だったので、Proxy Serviceを使って米国のIPで申し込んで~~ってやりましたなぁ~。

そのGoogle Play Musicもサービス終了するようです。
引き継がれたのは YouTube Music。
データ移行機能も用意され、手持ちのファイルなら無料で使えるので良いですね。
ブランドが変わったくらいで大した問題ではないですよ。

って思ってたんですよ。

でもね、

画面ロックすると再生が止まるんです。

画面ってスマートフォンの中で一番電力を使う部品なんですよ。
音楽聞くだけでバッテリー残量がどんどん減っていくんですよ。

世の中サブスクリプションで音楽聞く時代になっているので、彼らにとっては今までと変わらず再生ができるんだと思うんです。

無償でサービスを使う時点でこういう変化は受け入れますけど、
時代が変わったんだな~と感じました。

無償で最先端のサービスを体験する体験版時代が終わる頃なんでしょうね。
これからは正式版で楽しむ時代だと。

コメント

このブログの人気の投稿

SharePoint2010のカレンダーをカテゴリ別に色分けする

1000ユーザーの役職情報を削除しなさい

COVID-19の接触ログに思う。